労務問題のエキスパート「社会保険労務士」にお任せください!
ドラフト労務管理事務所













Profile 事務所概要

Case1:労働契約に関する相談事例

IMAGE
COMMENT

    労働契約に伴う紛争が増加する中、一つの契約事象に対して行政指導が出たり、出なかったりと不明瞭なケースが多く見られます。 これは労働法規の視点では、当事者の悪意の有無の実態を個別に判断する傾向があるからです。

    労働契約にかかるトラブルを未然に防ぐためには、現場実態に即した就業契約を明確に規定し、いかなる問題に対しても柔軟にリスク回避できる仕組みづくりが重要です。

お問い合わせ

Case2:就業規則策定に関する相談事例

IMAGE
COMMENT

    就業規則は、@公正な労働条件の明示、A職場秩序の維持、B業務命令の根拠、C労務トラブルへの対処など、労務コンプライアンスにとって大きな効果をもたらすべきものです。

    しかしながら、労働法規上の改訂が未適用なケースや、業務実態に対するギャップを放置されたままのケースも少なくありません。常に時流かつ現場実態に即した労働条件の明確化が労務トラブル回避の特効薬です。

お問い合わせ

Case3:行政監査窓口対応業務の実例

IMAGE
COMMENT

    労働局または労働基準監督署による行政監査に対し、ドラフト労務管理事務所が、監査代理人業務の「一次窓口」として公正に対処することで、組織的な改善体制を全面的にご支援しています。

    ドラフト労務管理事務所では、行政監査立会い業務実績が、製造業や製造請負企業を中心に、100件以上にのぼり、サービスの信頼度、円滑な行政監査対応が高くご評価いただいている証であると自負しております。

お問い合わせ
to top

Case4:個別労働関係紛争に伴う仲介あっせん代理業務の実例

IMAGE
COMMENT

    『ADR(個別労働紛争外手続)』link  制度は、企業側から労働局または労働委員会へ申し立てすることもできます。 事案に対してどちらが正しいのかを判断するのではなく、問題解決の方法論について、公正な第3者であるあっせん委員を介して、非公開による話し合いを行います。

    ドラフト労務管理事務所では、こうしたあっせんや調停に関する手続業務の代理人として、適正かつ円滑な問題解決業務を請け負っています。

お問い合わせ
to top
サイトTOPへ
お問い合わせはこちらから
各種業務に関するお問い合わせやご相談は、こちらのフォームから承っています。
Consultation form お問い合わせフォーム